無料ご相談・資料請求はこちら

制震工法

「制震」とは

「制震」とは、地震エネルギーを吸収して揺れを抑える技術です。
揺れを抑えることで、壁の損傷や家具の転倒・飛散による被害の軽減も期待できます。「倒れない家」だけでなく「壊れない家」にするため、制震工法「制震ダンパー」を導入しています。

TRCダンパー(制震ダンパー)の仕組み

ダンパーに組込まれた特殊粘弾性ゴムが地震エネルギーを吸収

地震エネルギーを熱へ変換
地震エネルギーを熱に変換して吸収。
特殊粘弾性ゴムは瞬時に運動エネルギーを熱エネルギーに変換するため、跳ね返りません。
特殊なゴムはエネルギーを反発せずに吸収します。

TRCダンパー(制震ダンパー)のメリット

建物の倒壊・変形を抑えて、余震にも高い効果が望めます。

高い制震効果

震度6強で水平変位を最大20%~50%程度減少することが可能という効果があります。
倒壊を免れると共に、変形を抑える事ができるので復旧コストの低減、家具の転倒・飛散による被害の軽減も期待できます。

建物の揺れ低減効果
TRCダンパー制震効果イメージ

メンテナンスフリー

TRCダンパーの特殊なゴムは、時間経過による特殊な変形が少ないので、メンテナンスがなくても、優れた効果を発揮することが出来ます。
また温度による性能の変化が少ないため、季節や環境を気にする必要がありません。

劣化促進試験での性能変化
劣化促進試験での性能変化 ※住理工㈱試験による

制震工法を採用している土地活用商品

ユニホーの土地活用ご相談窓口

名古屋・愛知のアパート経営、土地活用に関するご相談、ご質問、資料(パンフレット)請求を随時無料で承っております。
2万件以上の管理を手掛ける土地活用のエキスパートユニホーが、お客様に合わせた土地活用方法を提案させて頂きます。
お気軽にお問合せください。

施工エリア:愛知・岐阜・三重